WRIGHT オブジェ

ガラス

光に翳すと、幾重ものラインが浮かび上がる建築的オブジェ。

読みやすさ、伝えやすさが必要とされるタイポグラフィを違った視点から捉え、新たな解釈を楽しみたいという思いから生まれたブローチです。 アルファベットのシルエットを生かしながら字間をデザインしました。ゆっくりと目を凝らすうちに、隠れていたことばがゆっくりと浮かび上がってくる。TYPOを身に着けて出かけると、思わず笑みがこぼれるような会話のひとときにつながるかもしれません。裏の留め針を起こせば自立するので、アートピースとしてインテリアに飾ることもおすすめです。

関連記事